認知症の診断・治療から訪問診療・往診まで

高齢者の心の病と認知症に関する専門医のいる和歌山市の精神科

HOME > 往診

和歌山市初期集中支援チームについて

和歌山市初期集中支援チームについては、市報わかやま平成27年10月号をご覧下さい。

相談窓口はお近くの和歌山市地域包括支援センターです。
和歌山市と和歌山市医師会の事業です。

相談者、地域包括支援センター、裕紫会中谷病院のスタッフの方々と連携、当院も往診します。

往診について

心のケアが必要な状態の認知症、せん妄、末期がん、頭部外傷後、脳卒中後、整形外科疾患、神経筋難病の方で、通院が難しい場合に、精神科医が訪問し、ご本人とその家族と向き合い、病状と介護負担の軽減を目指します。

訪問先
在宅、介護保険施設、精神科のない一般病院、学校
費用
自己負担が軽減される自立支援医療制度が適応されます。

認知症について

認知症なら和歌山市のおくむらクリニックにご相談下さい

下記の症状があれば、早めにご相談ください

  • 新しいことが覚えにくい。
  • 同じ質問を繰り返えす。
  • 置き忘れがある。
  • 約束を忘れる。
  • 道に迷い、危険なことがある。
  • 火の消し忘れがある。
  • お金の計算が難しくなっている。
  • 順序立てて何かをすることが難しい。
  • 目で見たものの名前が出にくい。
  • 日用品の使い方が分からない。
  • 服のボタンが合わせにくい。
  • 会話の中で言葉が出にくい。
  • 読み、書きで間違うことがある。

認知症の治療とご家族の心のケア

介護保険サービスを利用し、家に閉じこもりがちにならないことが一番です。治療に際し、介護保険施設スタッフのご意見は大切だと考えています。4種類ある認知症の進行を抑制するお薬の提案も致します。

介護負担は2種類あります。一つは、御家族自身の疲れであり、休養などで対応することが良いと思われます。もう一つは認知症の症状の影響するもので、認知症の知識をもって疾患別(アルツハイマー型、血管性、レビー小体型など)にケアを行うことが必要かと考えています。

認知症の方の財産管理のご不安には、成年後見制度への対応もさせていただきます。

ケアマネージャーさん、地域包括支援センターをはじめ、介護に関わる全てのスタッフの方々とともに、また、初期集中支援チームという形で、認知症の方やご家族の心の安定に当院が協力できればと思っています。

開業相談
精神科おくむらクリニックからのお知らせ
はじめて当精神科を受診される方へ
笑顔とこころでつながる認知症医療

当メンタルクリニック概要

和歌山市のおくむらクリニック診療時間

午前: 9:00 ~ 13:00
午後: 16:00 ~ 19:00

往診時間
月から土曜日の13時から16時
休診日
木曜・土曜午後、日曜・祝日
診療科目
精神科・老年内科

所在地・アクセス

和歌山市十二番丁9周辺地図

電話番号
073-435-0510
所在地
〒640-8158
和歌山市十二番丁9
リヴァージュ十二番丁ビル2F
提携駐車場
・SPARK和歌山4
・パーキング伏虎
・ダイワロイネット立体駐車場
詳しくは、こちら
精神科医限定の開業相談

ページトップに戻る