標準的精神科医へのすすめⅡ 精神科治療学2021年3月号 

073-435-0510

SNS

  • ツイッター
  • インスタグラム
  • Facebook
  • 友だち追加
  • メールでのお問い合わせはこちら
採用情報
NEWS

お知らせ

標準的精神科医へのすすめⅡ 精神科治療学2021年3月号 

  • (2021.04.01)

    器質性の鑑別 わかったてしまったという感覚をもたない

    置かれている臨床場面

    診立て 思い描く

    早期受診

    予約をいれても、来なくてもよい。 いつでも予約を入れてもよい

    診断は・・・治療と援助・・を・包含しているものではない。

    治療と援助 全体を包括するみたてが重要

    rTMS

    パニック障害 パキシル ジェイゾロフト レクサプロ イフェクサー

    ISH

    刑事司法との連携

    福祉は困難の発見

    一覧に戻る

pagetop