適切な意思決定支援に関する指針

073-435-0510

相談

  • メールでのお問い合わせはこちら
  • インスタグラム
  • ツイッター
  • 友だち追加
  • Facebook
採用情報
NEWS

お知らせ

適切な意思決定支援に関する指針

  • (2022.04.25)

    医師は適切な情報提供に努める。

    医師の独断にならぬよう、本人、家族等、介護従事者と、日頃から繰り返し話し合った上で、本人の意思決定を聞く。

    医療の中止においては、医学的妥当性と適切性を慎重に判断し、柔軟な姿勢と合理的配慮の中で医療を継続する側面も考慮する。

    社会的援助も含めた医療を行う。

    上記の内容はカルテに記載する。

     

    https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000197665.html

    一覧に戻る

pagetop